技術案内

基盤技術紹介

ボールSAWセンサ

まるいセンサで全地球的な課題を解決。

ボールSAWセンサの特徴

ボールウェーブの基盤技術「ボールSAWセンサ」は、小型・高速・高感度を実現する革新的なケミカルセンシング技術です。

微小な水晶球(ボール)の表面に、計測対象に応じて異なる感応膜を形成することで、微量水分や水素、天然ガス、有機混合ガスなど、多様なガス・気体計測を可能とします。

水晶球が持つ高温・高圧耐性に加え、従来技術と比較して約100倍の高感度と高速応答性を備えており、これまでにない全く新しいセンサシステムとして可能性を広げています。

ボールSAWセンサの技術

球の表面に、球の直径と波長の幾何平均の幅で表面波を励振すると、
回折現象の起きない自然な平行ビームとして、表面波が多重周回する物理現象を発見。

多重周回したSAWは音速の変化や減衰率の変化を周回数と共に拡大させ、より精密にその変化を測定できます。
この、多重周回する伝搬経路上に感応膜を設置することで、小型、高速、高感度なボールSAWセンサが得られます。

測定ガス 水蒸気 有機混合ガス 水素 ウイルス
感応膜 非晶質シリカ ジメチルシロキサン
(カラム材料)
パラジウム合金
(Pd Ni, Pd Pt)
抗体
アプタマ
方式 単一センサ ガスクロ 単一センサ 単一センサ
プロダクト 微量水分計 ポータブルガスクロ 水素センサ 抗原抗体センサ
特許出願済

ボールSAWセンサ応用例1(水素)

ボールSAWセンサ応用例2(有機混合ガス)

ボールSAWセンサによるセンシングソリューション

ボールウェーブは、小型・高速・高感度な「ボールSAWセンサー」で世界のケミカルセンシングを革新する!(ICC FUKUOKA 2019)